蔵王18研究会 (2018.8.1-2)

テーマ:ナノカーボン・原子層材料の応用に向けて
Theme: For the application of Nano carbon and atomic layered materials



ルーセントタカミヤ前での集合写真

プログラム


蔵王18研究会の概要 



2018年8月1日(水)から8月2日(木)に山形蔵王にてナノカーボン材料および原子層材料に関する小さな研究会を開催しま す。この研究会は、(公財)新世代研究所ナノカーボン研究会が開催するものです。
ナノカーボンに関する分野の多くの研究者が自由に議論を行い、横断的な理解を深めるのが目的です。素人にも分かる話をお願いしています。留学生、外国人研究者の参加も歓迎します。英語での発表をお願いします。原則、口頭発表です。

昨年は30名程度の参加があり、有意義な時を過ごしました。東北大学の齋藤先生のご尽力により、本年度も開催致します。
本年度も30名を上限に参加者を募ります。

We have a small scientific meeting concerning nano-carbon and atomic layered materials at Zao, Yamagata, from 12:00, Aug. 1 to 15:00, Aug. 2, 2018. This meeting has been organized by Nano-carbon society, Foundation Advanced Technology Institute (ATI). The object of this meeting is that many researchers in this research area discuss freely and deepen cross-sectional understanding. We ask all speakers to give easy lecture for beginners. Students and researchers from foreign countries are welcome. All presentations are oral and given in English.
Last year, we had about 30 participants and enjoyed valuable time. This year, Prof. Saito will help us again to have this meeting. Due to the capacity of the hotel, participants should be less than 30. If you want to join us, please send me your title of talk and abstract not later than June 30, 2018. Earlier is better. If the number of participants becomes 30, application will be closed.


参加予定の先生方 Confirmed participants

東北大学・  齋藤理一郎先生 Prof. Riichiro Saito, Tohoku University
東京工業大学・斎藤 晋先生 Prof. Susumu Saito, Tokyo Institute of Technology
名古屋大学・ 北浦 良先生 Prof. Ryo Kitaura, Nagoya University
NTT・   佐々木健一先生 Dr. Kenichi Sasaki, NTT Basic Research Laboratories
富士通研究所・大淵 真理先生 Dr. Mari Ohfuchi, Fujitsu Laboratory
産総研・   湯田坂雅子先生 Dr. Masako Yudasaka, AIST
首都大学東京・宮田耕充先生 Prof. Yasumitsu Miyata, Tokyo Metropolitan Universiy
産総研・   田中丈士先生 Dr. Takeshi Tanaka, AIST
産総研・    片浦弘道 Dr. Hiromichi Kataura, AIST



・日時:8月1日(水)12:00から8月2日(木)15:00まで
・場所:ルーセントタカミヤ
・住所:山形県山形市蔵王温泉942
・TEL:(023)694-9135
・主催:(公財)新世代研究所ナノカーボン研究会
・現地世話人:東北大学大学院理学研究科 齋藤理一郎
・世話人:産総研ナノ材料研究部門 片浦弘道
・住所:茨城県つくば市東1−1−1中央第五事業所
・目的:炭素の材料に関する横断的な研究の理解のため
・参加者数:上限 30名(含 委員、関係者)
・テーマ:ナノカーボン、カーボンナノチューブ、グラフェン、関連低次元物質の物性と応用(幅広く)


******************  お知らせ (updated 2018.7.5) *************

(2018.7.5)
Application closed.

Confirmed Young Scientist Participants

M. Shoufie Ukhtary (Tohoku Univ.)
Toshiya Shirakura (Tohoku Univ.)
Nguyen T. Hung (Tohoku Univ.)
F.R. Pratama (Tohoku Univ.)
Yuya Iwasaki (Tohoku Univ.)
M. S. Islam (Tohoku Univ.)
M. Maruoka (Tohoku Univ.)
M. Suzuki (Tohoku Univ Kohda Lab.)
Yusuke Nakanishi (Nagoya Univ. Shinohara Lab.)
Masahiro Matsunaga (Nagoya Univ. Ohno Lab.)
Kana Kojima (Tokyo Metropolitan Univ.)
Yuhei Takaguchi (Tokyo Metropolitan Univ.)
Hong En Lim (Tokyo Metropolitan Univ.)
Ahmed Shawky (The Univ. of Tokyo Maruyama Lab.)
Guowei Wang (AIST)


(2018.6.5) Web page open.


発表題名・アブストラクト送付のお願い
研究会参加者で発表希望の方は、氏名、所属、e-mail、発表の英文タイトルとabstract(English, text only, no format, max 300 words)を2018年6月30日までに片浦弘道( )までご連絡ください。

For foreign students and reseachers, we will have Zao-meeting for nano-carbon materials in Zao-Onsen area from Aug. 1 to Aug. 2. You can present your research in English. If you wish to attend this meeting, please ask your supervisor for supporting the travel expense. You can come with your family within a capacity of the hotel.


ご参加の方へ
宿(1泊2食)と昼食は、現地世話人が一括して予約いたします。
意見交換会をランプセッションの後に行います。宿泊費などの経費は、事前に現地世話人の方にお支払いただきます。(詳細はメールでご連絡いたします。)


これまでの蔵王研究会
・2017年蔵王研究会へのリンク
・2016年蔵王研究会へのリンク
(齋藤委員長開催)
・2014年蔵王研究会へのリンク
・2013年蔵王研究会へのリンク
・2012年蔵王研究会へのリンク
・2011年蔵王研究会へのリンク
・2010年蔵王研究会へのリンク
・2009年蔵王研究会へのリンク
・2008年蔵王研究会へのリンク

●カーボンナノチューブ研究:片浦のページに戻る